前へ
次へ

交通事故における休業補償は必ず受けられるか

交通事故に遭ってけがをしたとき、その後に治療が必要になるでしょう。
自動車同士の事故なら過失割合が決められてそれに応じて損害賠償も決まります。
一方自動車と歩行者などだと自動車側の過失が高くなり、歩行者側は一定の損害賠償を受けられます。
その時に受けるケガに関しては簡単な打撲程度で何とか歩行できるときもあれば、骨折などがひどくて一定期間入院が必要な時もあります。
仕事をしている人は仕事を休まないといけなくなるかもしれません。
交通事故に遭って損害があるとき、損害賠償請求を相手に行って受けることができます。
会社に勤務している人が休まないといけないときは休業補償も損害賠償として請求は可能です。
ただし必ず全額が受けられるわけではなく、損害賠償額が決まったとしても確実に払ってもらえないかもしれません。
休業補償は生活費として重要な部分なので、安易にもらえるからと仕事を休むのは良くないでしょう。
何とか通勤できるならできるだけ通勤をして給料を受けた方が良いかもしれません。

Page Top