前へ
次へ

過失割合ゼロの交通事故に遭遇したとき

自動車同士の衝突による交通事故は、一方に大きな過失がある可能性が高いです。
ただ一方にしか過失がなくもう一方がゼロになる可能性は低いでしょう。
いくら信号を守ったとしても前方不注意などが過失の原因にされるときがあり、少ない割合ながらも過失が認定されるかもしれません。
ただ信号停止時に後ろから衝突されるなどの時にはさすがに過失が発生しないゼロの状態になるため、その時は相手から損害賠償を受けるための手続きを受ける必要があります。
自動車を保有すると自動車保険に加入するので、交通事故に遭ったときには自動車保険会社に間に入ってもらうケースが多くなります。
事故の当事者はもちろんですが、被害を被った方も交渉などをしてもらうことができます。
ただし過失ゼロの事故に対しては自動車保険会社が間に入れないことになっていて、被害者が自分で交渉をしなくてはいけません。
その時は法律の専門家である弁護士に依頼する必要があるでしょう。

Page Top