前へ
次へ

交通事故で家事をしている人の休業補償

仕事をしている人がケガなどで休まないといけないとき、保険などから給料の一部を補償してもらえる仕組みがあります。
健康保険の他一般の医療保険や自動車保険などでもあるので、うまく利用すると良いかもしれません。
交通事故に遭うとそれに伴って入院が必要になり、家事ができなくなる人がいます。
家庭の中の主婦であったり一人暮らしをしている人なども家事が必要な人たちです。
その時交通事故における損害賠償として休業補償を請求できるかです。
一般のサラリーマンであれば日頃からもらっている給料などから平均的な補償額を計算するなどが可能ですが、主婦の場合は実際に稼いでいるお金が不明です。
現在は主婦が1日にどれくらい稼いでいるかの基準が決められていて、それに入院をした日数などをかけて休業補償の金額としています。
ただ一人暮らしで火事ができなくなった人は主婦が受けられる休業補償はありません。
あくまでも家族の家事を支えている主婦が受けられる補償になります。

Page Top